読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらとずぼんが割引不要の納得価格 2017年度 ペチシカ

数日で入荷してほんとにうれしかったです。幼稚園のころ母によく読んで貰っていました。毎晩読んでといわれます。

コスパがいい!

2017年03月21日 ランキング上位商品↑

ぐらとずぼん ペチシカもぐらとずぼん [ E・ペチシカ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ずっと探していたのですが題名がなかなか思い出せず・・・子供が生まれたので購入しました。本は割引がありませんが、楽天ブックスだとポイントがつくのでお得です。内容が理解できるようになれば!さらにおもしろいと思います。この本については私のブログ内のカテゴリ「よみきかせ絵本」でも紹介しておりますので!よろしかったら参考にしてください。3歳の娘用に購入。なかなか楽しいお話です^^もぐらが!ズボンを作るために!亜麻を育てて糸を取り!布を作って…というストーリーです。苔桃に色を染めてほしいと頼むところのフレーズが、幼心に残っていました。(今でも実家の本棚にあります)今は母として子供達に絵本を読み聞かせているので!私が子供の頃に読んで貰った本!おもしろかった本!好きな本を子供達に読んであげたいと思い!購入しました。色々な動物が出てきて楽しいストーリーです。ぬいぐるみやDVDを先に持っていたのが効いているのかもしれません。届くのが待ちきれず、レビューを書いてしましましたが・・・・絵も温かく、お話もおもしろいのでお勧めです!!京都で「チェコ絵本とアニメーションの世界展」をやっていて、モグラとズボンの映像が紹介されていました。母と私を繋ぐ思い出深い絵本です。結構しっかりとしたストーリー展開になっているので!3歳の娘にはちょっと難しいかな?といった感じですが!いろいろな生き物に出会うので!「コレは何?」と質問の嵐。仲間に助けてもらいながらずぼんができていくストーリー。1ページに絵がひとつではなく!2つとか!3つとかあるものもあるということでは!絵本としては変わっているけれど!漫画のような雰囲気はありません。でも自分用かなあ。日本でも30年以上読み継がれている絵本、“もぐらくん”シリーズの主人公、もぐらくんことクルテクは、チェコの国民的キャラクター!この絵本は、子供の頃母に読んでもたった絵本の中の1冊です。日本に存在する小さい子供でも分かりやすい動植物の名前で再訳版が出ればいいのにと思いました。早速購入しプレゼントしたら!とても喜んでました。クルテク好きはまずこれと『もぐらとじどうしゃ』がおすすめです。昨年の幼稚園の発表会で劇をしたときに購入しました。長年読まれているだけのことがあり、子どもも大人も楽しめます。自分の子供も!私と同じように感じたかどうか分からないけど・・・懐かしい子供時代の愛読書を見つけました!息子も青いズボンが欲しい!ってそのうち言い出すかな?働きアリの機織りシーンは楽しくて圧巻です♪子どもの頃にも読みましたが!やはり絵がきれいで良いです。子供の時の私のこころ、想像しながら理解していた自分が思い出されます。とてもキュートなんです、クルテク。あおいずぼんが欲しくなったもぐらくんが自分で作ろうとするお話です。でも!本当は!私が表紙のイラストに一目惚れしたのです。子供が気に入っています。ただ!動物や植物の名前の訳がちょっと???な部分がありますが!初版の年数を見ると納得です。それだけに、「今日はここまで」や、わからないところを話し合ったり、会話も増えます。ですが、読んでいる途中で寝てくれる時があるので、親としては、早く寝かしたい時にも良い本ですね♪。ただ、声に出して子どもに読んであげるには長すぎて・・・。ズボン作りの工程。"ものづくり"のワクワクが感じられるお話です。内容は素敵なんです!モグラの思い、さらっと助けてくれる手伝ってくれる仲間たち。 絵も話もかわいい!チェコで購入したクルテクのDVDをほぼ毎週の様に姪っ子と見ていたのですが、日本語版の絵本が出ているのは全く知りませんでした。約1/2P文字がびっちりで疲れるし、子供も全体が理解するのが大変な感じです。思い出の絵本です。文字は長めですが、面白いようです。